つづりっぷ

気まぐれ更新。いつまで続くやら……。

東京に行った

 3日4日の土日で東京へ。寮のOB会に参加するという大義名分の下、楽しく過ごすことが出来た。会ってくれる人がいることはありがたいこと。今後1,2年は東京にいる人が大半な気がするので、機会があれば顔を出しに行きたい。

 羽田→駒場リサーチキャンパス→渋谷やよい軒神宮球場→アルバイト先→渋谷で飲み会→調布のホテルに荷物を預ける→雀荘→調布→寮

↑のような旅程だった。土曜日に渋谷のコインロッカーを確保できたのが小さいことではあるが相当大きかったように思う。

 寮のOB会について。OBの方は毎回楽しみにして来ているのかもしれないが、やはり平均年齢が高くなっているのは事実。「学生が飲まなくなった」というのも事実だろうし、別に悪いことだとも思わない。

 今後どうなるのか、どうするのかはOBの自分も考えるべきことなのかも知れない。考え方こそ人それぞれだが、卒業してその後は全くかかわらないというのも寂しいような気もする。名簿を整理(OB訪問??に使えるらしいので)する、というように何かしら寮生側がOBを頼れるような仕組みがあると良いと感じた。

 高校の同窓会(自分が役員をしている)に関しても同じことが言えるが、一人でも多く人が集まった方が会としては良いこと。ただ、需要が無いなら規模を小さくして(ex.隔年開催)行くことも必要なのかも知れない。

 OBになったにもかかわらず現役寮生よりも楽しんでしまい、また盛り上げ役になってしまうのは所謂「老害」というやつだが、年配の方には「若い子にもそういうのが必要」と言われる。双方を批判するつもりはないが、認識の差はあるように思う。同窓会のような形式、コミュニティについて拘りが人よりはあると思っているが、もしかすると「時代遅れ」なのかも知れないし、自分の考え方を押し付けるものでもないのだと出席しながら感じた。