つづりっぷ

気まぐれ更新。いつまで続くやら……。

スワローズ二軍を松山に移そう??

 にわかではあるものの、ヤクルトスワローズのファンであって、こういうサークルに所属してもいた(今も一応「広報」担当である)し、こういうアカウントも持っている。

 ヤクルトを応援しようと思ったきっかけには愛媛県出身の選手(岩村明憲選手、藤井秀悟選手、宮出隆自選手等々)が多かったということ、松山市で04年から秋のキャンプを始めたことというようにやたら地元との絡みが多かったという事もある。そのような状況であるからこそ、一軍は無理だとしても、二軍なら松山移転できるのでは??と仕事中に思ったのでダラダラと根拠を挙げたい。

 

坊っちゃんスタジアムが使用できる

 →地方球場では屈指の環境であるところの坊っちゃんスタジアムが使えるのはかなり大きいのではないか。現在スワローズ二軍が使う戸田球場は河川敷に併設されたようなもので、プロの試合に使われるのが驚きなくらい。いつかバレンティン選手が「戸田はムズムズする」と言っていたり、宮本選手が球場フェンスの改修を自費で行ったりと、「逸話」の多いところでもある(笑)。一方坊っちゃんスタジアムはオールスターを二回も開催した、天然芝黒土の球場(神宮球場でも人工芝である、学生野球との兼ね合いがあるので仕方ないが。)で、プロが使うのには申し分ない球場であるから、戸田よりも良い環境で野球が出来るのではないか。

 

・野球熱の高い土地柄

高校野球の勝率がつい最近まで一位であったり、夏は野球拳おどりを祭りのなかで行ったり(ちなみに脱ぐようなことはない)と、それなりに野球熱が高い土地であることから、チームが地元に根付くのにもそう時間はかからないように思う。そもそも毎秋来ているわけであるし、問題は全くないはず。

 

・首都圏よりも娯楽が少ない

→現在は埼玉の戸田に寮があるわけだが、松山移転が決まれば寮も松山に移るわけだが(二軍が千葉の鎌ヶ谷にある日本ハムは、寮も鎌ヶ谷である)、残念ながら??松山は首都圏に比べると娯楽が少ないので、より野球に集中できる環境になるはず。実際、ソフトバンクの二軍球場と寮は福岡の外れの方にあり、球場しかないようなところであった。そして松山だと温泉で疲労回復、けが予防というメリットもある(ここまでくるとムシが良すぎるか)ことから、松山は相当良い環境ではないか。

 

現実問題を考えると四国アイランドリーグとの球場使用の兼ね合いやら、そもそもどこに寮を作るのかということや、寮は最近建て替えたばかりだから勿体無いとか、絶対に移転するようなことはないわけではあるが、地域振興というようなことを考えると「プロ野球不毛の地」であるところの四国に二軍くらいはあっても良いのではないかと思わない所もない。

※※結局は僕が土日に観に行きたいだけなのである。